国内での「教育移住」。後悔しないために押さえておくべきポイントとは

「教育移住」と聞くと、子どもが外国語の習得のために海外へ移住することをイメージする方も多いでしょう。しかし、近年は他の目的で日本国内での教育移住を検討するケースも増えてきており、特に地方への移住に関心を持つ家庭も多いといいます。しかし、移住となると決して気軽に選択できるものではなく、不安な部分もあるでしょう。ここでは、教育移住の目的やメリット・デメリット、後悔しないために知っておきたいポイントについてご紹介します。

目次

そもそも教育移住ってなに?

教育移住とは、子どもの教育に適した環境に移住することを指します。留学とは少し異なり、基本的には一時的ではなく長期的な滞在・移住を前提としている点が特徴です。したがって、子どもは保護者とともに、家族全員で引っ越すケースが多くなります。

教育移住の目的は、子どもの置かれている状況や保護者の教育への考え方によってさまざまです。

教育移住の目的は?

具体的に、どのような目的で教育移住が選ばれているのか見てみましょう。

教育水準が高い学校に通わせたいから

義務教育の小・中学校であっても、全国学力テストでは地域差が生じていることから、より教育水準の高い地域にある学校に通わせたいと考える保護者もいます。また、教育方針が保護者の考える理想に近いかどうかも、学校を選ぶ決め手になります。

不登校に悩む子の環境を変えたいから

学校になじめない等の理由で不登校になると、そこから再び同じ学校へ通うことへのハードルが高いかもしれません。思い切って教育移住により環境を変えると、子どもがプレッシャーを感じにくくなり、通学への不安も和らぐ可能性があります。子どもの主体性を重要視している学校や、興味に合わせた教育を行っているなど、学校への不安を減らし楽しく通学できるよう取り組んでいるところもあります。

色々な国の人と交流させたいから

主に海外への教育移住は、外国語の習得や国際色豊かな人間への成長を目的にする場合が多いです。

自然に囲まれた場所で豊かな感性を養いたいから

最近、特に増えているのが、自然豊かな環境で育ち学ばせてあげたいという理由が挙げられます。自然のなかでのびのびと遊び、都会では経験できない色々な体験を積むことが、子どもにとってよい環境であると考える大人が多くなっているということです。

教育移住のメリットとデメリット

教育移住はこれからの家族の生活にも影響する、わりと大きな決断ですよね。メリットとデメリットの両方を踏まえて検討することも大切です。

教育移住のメリット

教育移住のメリットは、先にご紹介した目的に合う学校や環境を自分達で選べるという点が大きいでしょう。これまでの住まいの近くにはない、子どもの個性に合う学校に通わせてあげることで、子どもはより学校や勉強が楽しくなるかもしれません。

また、都会から地方へと移住することで、都会にはない体験や地域の人々とのふれあい、自然に囲まれ育まれる豊かな感性など、多くのメリットが考えられます。

教育移住のデメリット

教育移住で移り住む場所によっては、これまでとの環境の変化に伴いデメリットが生じることもあります。

特に、自然豊かな場所への移住をする場合、人口や若い世代の数が都会に比べると少ないこともあり、習い事や買い物をするお店の選択肢が少なくなったり、中学校卒業後の学校選びに困ったりする可能性も。

バスや電車等の公共交通機関が充実していない、学校までの距離が遠くても自家用車以外で通学する手段がないといった問題も出てくるかもしれません。

若者が好むようなお店や遊べる施設や催しは少なく、子どもの興味や関心ごとによっては物足りなさを感じることもあるでしょう。

教育移住を検討する際に確認しておきたいポイント

思い切って教育移住するなら、「こんなはずではなかった」と後悔しないようにしたいものですね。想定外の問題は少なからずあるかもしれませんが、以下のポイントは特に確認されることをおすすめします。

進学のことも想定して移住先を選ぶ

都市部では、高校や大学など進学先として選べる学校が多数あるかもしれません。しかし、地方となると事情は異なります。毎日通うには遠すぎる距離にしか高校や大学がない可能性もあるため、「せめて高校を卒業するまでは一緒に暮らしたい」と考える場合は移住先の周辺の高校も調べておきましょう。

習い事の選択肢が少ない

地方には子どもの数が少ないこともあり、レベルの高い塾や習い事の選択肢が少なくなります。あったとしても、家から離れていて親の送迎が不可欠になるかもしれません。

想定外のコストが発生する可能性がある

地方で暮らすと、あまりお金をかけずに生活できるというイメージをもつ方が多くいます。確かに、食材などは都市部よりも安く購入しやすいでしょう。しかし、自家用車がないと非常に不便だったり、場所によっては積雪があったりして、想定外の費用が発生することもあります。自家用車の購入や維持費や冬場の光熱費を考慮しておきましょう。

移住先の環境に合うかどうかは分からない

教育移住に限らず、都市部から地方への移住が合うかどうかは人それぞれ。特に昔ながらの慣習が残る田舎では、近隣住民との関わりが強く協力し合う体制が残っていることも多いです。ご近所との距離感が肌に合わない場合、生活することがストレスにつながるかもしれません。

引っ越しをせず短期の教育移住ができる方法

「教育移住には興味があるけど、家族みんなで引っ越すのは不安」と考えるのは当然のことです。子どもの教育環境が大きく変わるだけでなく、家族全員の暮らしが変わることに対して不安もあるでしょう。

引っ越しを終えたあとで後悔するよりも、まずはお試しでその土地の暮らしや環境を体感してみたいと思いませんか?

ファミリンは「活きた交流」を伴う地方暮らしが体験できるサービス

ファミリンは、自然豊かな地方に暮らすホストのもとで滞在できるサービスです。ホストと同じ暮らしをし、地域活動に参加して、ホストのもとでお手伝いもしながら実践的な学びを得ることができます。まるで第二のふるさとのような、あたたかいホストのもとで過ごす時間はかけがえのないものとなるでしょう。

あわせて読みたい
4泊5日から始める移住体験 [random_posts_swiper=5] 田舎暮らし、お試し移住体験や長期滞在【田舎ホームステイ】 【田舎ホームステイとは?】 旅の出会いは一期一会だ。場所も、人も、触れること...

教育移住に踏み切れない方にも使いやすい

教育移住に興味があっても、実際に移住に踏み切れる家庭はどのくらいあるのでしょうか。お仕事の関係などでどうしても難しい場合もありますよね。

しかし、都会に暮らしていると、「自然の中でもっと色々な体験をさせてあげたい」「地方の暮らしを体験してもっと視野を広げてあげたい」と想う保護者の方も多いでしょう。

ファミリンを利用すると、とてもリーズナブルな費用で自然豊かな環境に身を置き、実践的な暮らしと学びが体験できます。子どもは、海の近くや山の近くで、自然と触れる機会をたくさん持つことができます。

教育移住はメリットとデメリットを踏まえて検討しよう

教育移住を国外ではなく国内で行う家庭が増えつつある昨今ですが、国内であっても住まいや生活環境を変えることへの不安は少なからずあるでしょう。教育移住は、子どもの教育のために最善を尽くしたいと考える方にとって有効な方法のひとつです。後悔しないためにも、メリットとデメリットの両方を踏まえて決めていきましょう。

ファミリンでの体験は、教育移住をしたい方だけでなく、興味がある方にも大きなメリットをもたらします。「移住には踏み込めないかもしれないけど、子どもには自然と触れあえる機会を設けてあげたい」と考える場合にもぴったりですよ。

ご不安な点やご相談がある場合は、公式LINEまでお気軽にご相談ください。

ファミリンについて

旅の出会いは一期一会だ。
場所も、人も、触れることはできても深くつながれない。
ネットに載っている情報の場所だけだと、なんだか物足りない。
もし、あと少し一緒に過ごすことができたなら。
もっと、深い気づきを得て、新しい自分がなることができる。
そんな気がする。
ファミリンは、その地域に暮らすことで、
あなたが地域に溶け込み、深いつながりと、深い気づきを得る。
そして新しいあなたに出会う瞬間を提供します。

ファミリン | 地域に溶け込む田舎ホームステイ ファミリン

ファミリンSNS

・Instagram
https://www.instagram.com/familyinnjp/
・X(旧Twitter)
https://twitter.com/Familyinnjp
・Facebook 
https://www.facebook.com/familyinnjp/

お問い合わせ先

[企業名]:株式会社Familyinn
[メールアドレス]:info@familyinn.jp
公式LINE:https://lin.ee/Mhblhq9

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる