越境体験で「自分の強み」と「やりたいこと」を知る

越境体験は、私たちに新しい視点を提供し、自己理解を深める貴重な機会をもたらします。異なる文化や環境に身を置くことで、私たちは自分自身の強みややりたいことを発見することがあります。この記事では、越境体験がどのように私たちの成長と自己認識に影響を与えるかについて探っていきます。

目次

越境体験とは?

「越境体験」とは、異なる場所や状況に身を置くことで新しい経験を得ることです。これは、国や文化、言語、習慣などが異なる場所での体験を指します。例えば、海外旅行や留学、他の国の文化を学ぶこと、あるいは新しい環境での仕事体験なども越境体験の一例です。

越境体験で何が得られるか?なぜ得られるのか?

新たな視点と理解

異なる文化や環境に触れることで、世界の多様性や異なる価値観を理解し、自身の視野を広げることができます。これにより、偏見や先入観を克服し、柔軟な思考を養うことができます。

個人成長

新しい状況に適応することや、異文化間コミュニケーションを取ることは、自己成長につながります。挑戦的な状況に直面することで、自信や自己効力感を高め、自己啓発の機会を得ることができます。

友人が増える

異なる文化や国での交流を通じて、国際的な人脈を築くことができます。これは将来のキャリアやプロジェクトにおいて非常に有益であり、新たな機会やアイデアを生み出すことができます。

創造性の向上

異なる文化や環境に触れることで、新たなアイデアや視点を得ることができます。これは創造性を刺激し、新しいアプローチや解決策を見出す助けとなります。

自己発見とアイデンティティの形成

異なる文化や環境で生活することで、自分自身の価値観や信念を見つめ直す機会を得ることができます。これにより、自己理解が深まり、自分のアイデンティティをより明確にすることができます。

リーダーシップ能力の向上

異文化環境での経験は、リーダーシップやチームワークの能力を高めるのに役立ちます。異なるバックグラウンドや文化的な違いを理解し、それらを調整する能力は、リーダーシップにおいて重要です。

共感力と包括力の養成

異なる文化や背景を持つ人々と交流することで、共感力や包括力が養われます。これは他者の視点や感情を理解し、異なる立場からの意見を尊重する能力を高めるのに役立ちます。これらの要素を通じて、越境体験は私たちの多面的な成長や社会的なつながりを深め、より豊かな人生を築く手助けとなります。

越境体験で知った新しい自分「強み」と「やりたいこと」

ライターである私は、全国の20以上の地域に平均2週間ほど滞在し、5カ国以上の海外にも平均10日間ほど滞在しました。東京出身東京育ちの私の経験を踏まえて、具体的な変化をお伝えします。

暮らし

全国の地方に滞在すると、都会と暮らし方が違うことに気づきました。自家製の醤油や自家製のハーブティなど手作りのものが多く、食べ物を大切にされている印象でした。食べ物だけでなくDIYなど、その場にあるものを使って自分の暮らしに取り入れていて、丁寧な暮らしだと感じました。使っては捨てて購入するという、消費する暮らしが当たり前になっていると思っていたので、新しい視点が育まれました。

物怖じしない

未知の世界へ飛び込んでもどうにかなるという成功体験があると、初めての経験に対しても飛び込むハードルが低くなりました。旅をすると、「電車は時間通りに来ないな」など想定していなかったことも事前に想定しやすくなります。また、トラブルが生じた時の素早い解決策や代替案を考えるようになります。これは物理的な場所だけではなく、自分が関わる業界やカルチャーに対しても同様です。

世界中の友達

日本全国・世界にも多くの友達ができました。再度訪問する際には再会し、現地を案内してくれます。また、音楽など共通の趣味があれば共に創作することもあり、世界がますます広がっていくことを実感します。

調整役

様々なバックグラウンドがあることを理解すると、それぞれにとっての普通が異なります。これは同じ国に暮らしている友人にも言えることです。この前提を踏まえておくと、「あなたの意見は理解できない」と主張する人に対して「この人がこの意見になっているにはこういった背景がある」と説明すると理解がスムーズになることを実感しました。

好きなことが見つかる

新しいものに出会うと、今までにはないトキメキを感じることがありました。都会で下駄を履いている姿は滅多にみられませんが、石川県にある温泉街の街では下駄を日常から吐いている方がいらっしゃいます。カタッコトッとなる音や奥床しさに美しさや楽しさを感じました。それから、私はずっと下駄を履いています。

越境体験をする方法

自分を変えるための越境体験はいくつもあります。6つほどご紹介いたします。

海外旅行

海外への旅行は、異なる文化や環境を体験する最も一般的な方法の1つです。新しい国や地域を訪れ、その地域の文化、言語、食事、観光名所などを楽しむことができます。

留学

留学は、他国の学校や大学に留学することを指します。異なる国での学業や生活体験を通じて、新しい文化を理解し、言語能力を向上させることができます。

外国での仕事経験

外国での仕事経験を通じて、異なる文化やビジネス環境を体験することができます。海外駐在、インターンシップ、海外派遣など、さまざまな形態の仕事があります。

ボランティア活動

自分の地域でボランティア活動に参加することで、地域社会とのつながりを深めることができます。地域の福祉活動や環境保護活動などに参加することで、地域の課題やニーズを理解し、地域コミュニティに貢献することができます。

地域交流プログラム

自分の住んでいる地域や近隣の地域を訪れ、その地域の文化や伝統、歴史を学ぶ地域交流プログラムに参加することができます。地域のイベントやフェスティバルに参加することで、新しい文化を体験することができます。

ホームステイ

自分の地域でホームステイを受け入れるか、他の地域でホームステイをすることで、異なる生活環境や家庭文化を体験することができます。ホストファミリーとの交流を通じて、新しい視点を得ることができます。

環境を変えるならファミリンがおすすめ!

ファミリンは、4泊5日から全国の地方にあるお家にホームステイができるプラットフォームサービスです。

ホストさんはみな温かみのある個性と魅力あふれる人たち。 そこで過ごす日々は、単なる観光ではありません。ファミリンのホストさんは、地域の交流が盛んなので、田舎ならではの暮らしや、地域の方々との交流を通して、観光では触れることのないもっとリアルな日常生活が体験できます。

なぜファミリンがおすすめなのか、より具体的にご紹介いたします。

地域交流が盛ん

ファミリンに登録している全国のホストファミリーは地域交流が盛んです。滞在中は、ホストファミリーが地元の人を紹介してくださったり、お家に地元の人が遊びに来ることも多いため、バックグラウンドの異なる様々な出会いがあります。予想していなかった出会いがあることが期待できます。

訪問者同士の交流

ホストファミリーは全国の地方にあるため、部屋数が多いです。訪問者は1人に限らず複数人受け入れることができます。訪問者同士でも共に料理を作り、食事をすることもあります。DIYや自然の中のお散歩など、自然な流れで交流することができます。

長期滞在で深い関係性を築く

ファミリンは1ヶ月ほどの期間まで長期滞在をすることができます。長期滞在をすることで、地元の人との交流は1回限りにはならず、何度も会う機会があります。会う回数を重ねるごとに、お出かけする回数や会話の深度も変化します。時間をかけて関係性を築くこともできます。また、長期であればあるほど新しい出会いも増えます。

以上がファミリンをお勧めする理由です。少しでも興味ある方は、ぜひお気軽に公式LINEからコンシェルジュにまでご相談ください。

ファミリンについて

旅の出会いは一期一会だ。
場所も、人も、触れることはできても深くつながれない。
ネットに載っている情報の場所だけだと、なんだか物足りない。
もし、あと少し一緒に過ごすことができたなら。
もっと、深い気づきを得て、新しい自分がなることができる。
そんな気がする。
ファミリンは、4泊5日からその地域に暮らすことで、
あなたが地域に溶け込み、深いつながりと、深い気づきを得る。
そして新しいあなたに出会う瞬間を提供します。

ファミリン | 地域に溶け込む田舎ホームステイ ファミリン

FamilyinSNS

・Instagram
https://www.instagram.com/familyinnjp/
・X(旧Twitter)
https://twitter.com/Familyinnjp
・Facebook 
https://www.facebook.com/familyinnjp/

お問い合わせ先

[企業名]:株式会社Familyinn
[メールアドレス]:info@familyinn.jp
公式LINE:https://lin.ee/Mhblhq9

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる