地方移住するなら最初は賃貸?それとも購入?

私は、東京から地方に移住して物件を購入しました。しかし、住んでいるうちに、東京でやりたいことがあると気づき、物件を知人に引き渡して東京へ戻りました。

地方移住を考える際に、賃貸か購入かの選択は重要なポイントです。それぞれにメリットとデメリットがあり、個々の状況やライフスタイルによって最適な選択は異なります。私の経験も踏まえて。賃貸と購入のメリット・デメリットをまとめ、どちらが適しているかを判断するためのポイントを紹介します。

目次

購入のメリット

資産形成

住宅を購入することで資産として保有でき、将来的には売却して現金化することも可能です。

自由度の高さ

自分の家を持つことで、内装や設備を自分好みに改装するなど、自由に住環境を作り上げることができます。DIYが好きな方にとっては楽しみが増えます。

長期的な安定

住宅ローンの返済が完了すれば、家賃の負担がなくなり、長期的な住居の安定が確保されます。また、地方のエリアでは比較的安価に購入できるため、購入ハードルは都会と比べて低いでしょう。

    購入のデメリット

    初期費用の高さ

    購入には多額の初期費用が必要です。頭金や諸費用などがかかるため、資金計画が重要です。空き家を購入する際には水道ガス電気など通っているか確認する必要があります。

    流動性の低さ

    一度購入すると、簡単に引っ越しすることが難しくなります。地域や物件に対する不満が生じた場合、売却には時間と手間がかかります。また、地方の場合、流動性が低いため賃貸や売却は特に難しいです。

    メンテナンスコスト

    修繕やリフォームなどの費用は自己負担となるため、長期的なメンテナンス計画が必要です。

    賃貸のメリット

    柔軟性

    賃貸であれば、住み心地や地域が自分に合わないと感じた場合に比較的容易に引っ越しができます。初めての地方移住では、地域の生活環境や人間関係を実際に体験してから定住を決めるための試用期間として賃貸が適しています。

    初期費用の低さ

    物件購入に比べて初期費用が低いのが特徴です。引っ越しにかかる費用や新生活のための予算を抑えることができます。

    メンテナンスの負担が少ない

    建物の修繕やメンテナンスは通常、大家や管理会社が担当するため、住む側の負担が少なくなります。

    賃貸のデメリット

    長期的なコスト

    賃貸の場合、毎月の家賃がかかり続けるため、長期的にはコストがかさむ可能性があります。

    資産にならない

    賃貸物件に住むことは資産にはなりません。将来的に不動産としての価値が得られない点はデメリットです。

    自由度の制約

    リフォームや改築など、自由に住居を変更することが難しい場合があります。

    最適な選択をするためのポイント

    私は福岡県の田舎のへ移住し、空き家を贈与といった形で数万円で購入することができました。「この物件を引き渡したい」というオーナーからの意向でいただいたものです。縁もあり購入手続きを行いましたが、東京へ戻りやりたいことがあると自分自身気づいたため、近くに住んでいる知人に引き渡しました。知人のつながりで福岡県の田舎へ移住したため、引き渡す先がありましたが、周囲に知人がいない場合ただ所有している状態になり、何の活用にも行かせない状況が続いたと思うと今の状態に安心しています。 実際に田舎の空き家を購入しましたが、知人に引き渡し東京へ出戻りした私が、購入を検討する際のポイントを解説します。

    移住の目的と期間

    長期間の定住を考えているか、一時的な生活を試してみたいかによって選択が異なります。短期間の試用期間としては賃貸が適していますが、長期的な定住を視野に入れている場合は購入を検討する価値があります。

    経済的な状況

    購入のための資金が十分にあるか、ローンの返済計画がしっかりしているかを確認しましょう。初期費用を抑えたい場合は賃貸が無難です。

    地域の情報収集

    住みたい地域の不動産市場や生活環境について十分な情報を収集しましょう。購入を決定する前に、地域の生活に慣れるために賃貸を選ぶのも一つの方法です。

    ライフスタイルの変化

    将来的なライフスタイルの変化(例えば、仕事の状況や家族構成の変化)を考慮し、それが住居の選択にどう影響するかを検討します。

    地方移住を成功させるためには、自分のライフスタイルや将来の計画に合った住居選びが重要です。初めての移住で地域に馴染むことを優先する場合は賃貸が適しており、長期的な視点での安定を求める場合は購入を検討するのが良いでしょう。十分な情報収集と計画的な資金管理を行い、自分にとって最適な選択をすることが大切です。

    ただし、長期的な計画が生活している途中に変化する場合もあります。まずは賃貸で長期滞在の期間を経てから購入することをおすすめいたします。

    長期滞在をして地域性を知るにはファミリンがおすすめ!

    ファミリンは、4泊5日から全国の地方にあるお家にホームステイができるプラットフォームサービスです。

    ホストさんはみな温かみのある個性と魅力あふれる人たち。 そこで過ごす日々は、単なる観光ではありません。ファミリンのホストさんは、地域の交流が盛んなので、田舎ならではの暮らしや、地域の方々との交流を通して、観光では触れることのないもっとリアルな日常生活が体験できます。

    あわせて読みたい
    4泊5日から始める移住体験 [random_posts_swiper=5] 田舎暮らし、お試し移住体験や長期滞在【田舎ホームステイ】 【田舎ホームステイとは?】 旅の出会いは一期一会だ。場所も、人も、触れること...

    なぜファミリンがおすすめなのか、より具体的にご紹介いたします。

    地域に馴染める

    ファミリンに登録している全国のホストファミリーは地域交流が盛んです。滞在中は、ホストファミリーが地元の人を紹介してくださったり、お家に地元の人が遊びに来ることも多いため、地域に馴染みやすい環境が整えられています。

    地域の人に空き家を紹介してもらえる

    地域に詳しい地元の方々と顔見知りになるため、移住を検討している旨を伝えると、市場には出回っていない物件を紹介してくださることが多々あります。そうすると、賃貸の際でも自由度が高いことやコストを抑えて借りられる場合も多いです。私の福岡移住も、知人のつながりで紹介していただいたものです。

    以上がファミリンをお勧めする理由です。少しでも興味ある方は、ぜひお気軽に公式LINEからコンシェルジュにまでご相談ください。

    ファミリンについて

    旅の出会いは一期一会だ。
    場所も、人も、触れることはできても深くつながれない。
    ネットに載っている情報の場所だけだと、なんだか物足りない。
    もし、あと少し一緒に過ごすことができたなら。
    もっと、深い気づきを得て、新しい自分がなることができる。
    そんな気がする。
    ファミリンは、4泊5日からその地域に暮らすことで、
    あなたが地域に溶け込み、深いつながりと、深い気づきを得る。
    そして新しいあなたに出会う瞬間を提供します。

    ファミリン | 地域に溶け込む田舎ホームステイ ファミリン

    ファミリンSNS

    ・Instagram
    https://www.instagram.com/familyinnjp/
    ・X(旧Twitter)
    https://twitter.com/Familyinnjp
    ・Facebook 
    https://www.facebook.com/familyinnjp/

    お問い合わせ先

    [企業名]:株式会社Familyinn
    [メールアドレス]:info@familyinn.jp
    公式LINE:https://lin.ee/Mhblhq9

    この記事が気に入ったら
    いいね または フォローしてね!

    よかったらシェアしてね!
    目次
    閉じる