のびのび子供を育てるには?子供のために親ができること

子供たちが健やかに、そしてのびのびと育つためには、親としてどのようなサポートが必要なのでしょうか?現代社会の中で、子供たちが自分の可能性を最大限に発揮できる環境を整えるために、親ができることについて考えてみましょう。

目次

のびのび子育てするとは?

「のびのび子供を育てる」とは、子供たちが心身ともに健やかに成長し、自分らしく生きる力を養うことを指します。この育て方は、子供たちが自由に考え、感じ、行動することを尊重しながら、必要なサポートを提供することを重視します。以下に、のびのび子供を育てるために大切な要素を詳しく説明します。

親が子どもにできること

1. 安全で愛情あふれる環境を提供する

子供たちが安心して成長できる環境を整えることが大切です。家庭が安全で愛情に満ちた場所であることは、子供たちの心理的な安定に繋がります。親が子供に対して愛情を注ぎ、適切なサポートを行うことで、子供は自信を持って成長することができます。

2. 自然との触れ合いを大切にする

自然環境での遊びや体験は、子供たちの感受性や創造性を豊かにします。外で遊ぶことで、身体的な健康だけでなく、精神的なリフレッシュも図ることができます。週末や休日には自然の中で過ごす時間を設けることを心がけましょう。

3. 自由な遊びと創造的な活動を促す

子供たちは遊びを通じて多くのことを学びます。自由な遊びの時間を設け、子供たちが自分で考え、創造的な活動を楽しむことを奨励しましょう。例えば、積み木や絵を描く道具を用意し、自分のアイデアを形にする機会を与えることが大切です。

4. 興味を持つことを尊重し、探求をサポートする

子供たちが興味を持つことに対して、親が積極的にサポートする姿勢を示しましょう。子供の好奇心を尊重し、その興味に関連する活動や学びを提供することで、探求心を育むことができます。例えば、動物に興味を持つ子供には動物園への訪問や関連する図鑑を与えるなどのサポートが考えられます。

5. 自己肯定感を育てるために褒める

子供たちが自己肯定感を持つためには、親が子供の努力や成果を適切に褒めることが重要です。小さな成功でも大きな喜びと感じられるように、日常生活の中で積極的に子供を褒めることを心がけましょう。これにより、子供たちは自分に自信を持ち、新たな挑戦に前向きに取り組むようになります。

6. 社会性を育むための機会を提供する

子供たちが他者と関わることで社会性を育むことができます。親として、地域のイベントや友達との遊びの場を提供することで、子供たちが人間関係を築く練習をする機会を与えましょう。

7. モラルと礼儀を教える

自由と同時に、モラルと礼儀を教えることも重要です。自分の言動で友人はどのような気持ちになるか想像力を働かせることや、困っている人がいれば手を差し伸べることを教えることで、社会に出て良好な人間関係を築くことができるようになります。

8. 自己表現の機会を与える

子供たちが自分の気持ちや考えを表現する機会を提供しましょう。親は子供の話に耳を傾け、その意見を尊重する姿勢を示すことが大切です。例えば、家族会議のような場を設け、子供も意見を述べる機会を作ることで、自分の考えを持ち、発信する力を育むことができます。

9. 親自身の成長と学びを続ける

最後に、親自身が成長と学びを続けることが重要です。子供の成長に伴い、親も新しい知識やスキルを身につけ、柔軟に対応することが求められます。親が学び続ける姿勢を示すことで、子供たちにとっても学ぶことの大切さが伝わります。

子育てのゴールは?

子育てのゴールは自立することです。子どもが社会で生きる力を身につけることが子育てです。人間関係を育むためには感受性の育み(EQ)が必要になり、やりたいことを形にする実行力を育むには知的な思考力を持つ(IQ)ことが必要になります。どちらも育むには、自然体験などを通して遊び、形にする創作活動が重要です。実際に自然体験ができるサービスのファミリンをご紹介します。

ファミリンについて

ファミリンは、全国の地方にあるお家にホームステイができるプラットフォームサービスです。

ホストさんはみな温かみのある個性と魅力あふれる人たち。 そこで過ごす日々は、単なる観光ではありません。ファミリンのホストさんは、地域の交流が盛んなので、田舎ならではの暮らしや、地域の方々との交流を通して、観光では触れることのないもっとリアルな日常生活が体験できます。

なぜファミリンがおすすめなのか、より具体的にご紹介いたします。

自然に囲まれたホームステイ先

ファミリンに登録しているホストファミリーは田舎にあるお家のみです。川遊び、山遊び、はじめて見る虫、カエル捕まえることができます。夜はホタルが見えたり、鈴虫や、カエルの合唱、森のイオンもあります。5感を存分に使って、ホストファミリーや地域の方々と気持ちをシェアすることができる機会が多くあります。四季折々の変化も感じやすいので、好奇心に溢れたホームステイになります。

地域に馴染みやすい

ファミリンに登録している全国のホストファミリーは地域交流が盛んです。滞在中は、ホストファミリーが地元の人を紹介してくださったり、お家に地元の人が遊びに来ることも多いため、地域に馴染みやすい環境が整えられています。

長期滞在で深い関係性を築く

ファミリンは1ヶ月ほどの期間まで長期滞在をすることができます。長期滞在をすることで、地元の人との交流は1回限りにはならず、何度も会う機会があります。会う回数を重ねるごとに、お出かけする回数や会話の深度も変化します。時間をかけて関係性を築くこともできます。また、長期であればあるほど新しい出会いも増えます。

親子でホームステイした体験談の紹介

とても期待以上で、神戸のお家は常に誰かがいるので、さまざまな人と交流することができました。近所の子供たちも遊びに来てくれました。そこで、普段しなかったことに挑戦する機会もありました。例えば、野菜を食べたり、自分で着替えたりすることです。私がいるときは野菜を食べなかったのですが、ホストファミリーの子供たちが野菜を食べているのを見て、一緒に食べるようになりました。帰宅後も、自分で歯磨きをするようになったり、食器を洗面台に戻したりするなど、大きな成長を感じました。

お母さんと4歳のお子さんで参加

旅行は観光しかできないですがやはりその土地の人々に関わる機会はなかなかできないので良い経験でした。また知らないご家庭の子育てを見る機会もあまりないのでその部分を見てすごく学ぶ部分も多くあったことは良い気付きでもありました。ホストさんは子育ても工夫されていて、例えばおもちゃの片付けのことだったり、子供の作品をたくさん飾っていたり、カレンダーにスケジュールを絵を使って描いていたり、、、。同じ母親として尊敬する部分がたくさんありました。

お母さんと5歳のお子さんで参加

長期休暇は習い事をさせてしまいがちですが、向こうのお家は自由に遊んでいました。その為か様々な遊び方を知っていて、その体験を通して人間らしさが出るんだなと感じました。お子さんが自分で決めたことを自由にできる力があると感じました。体感も強いなと思いました笑。シカや猪を捕まえる檻のことについても知っていました。こんなに自由にやっていても、やるべきことをやっていくんだなと思いました。放任ではなく、ここぞという締める時は「締める」ので参考になりました。

お母さんと(7)(5)(0)のお子さん3人で参加

以上がファミリンをお勧めする理由です。少しでも興味ある方は、ぜひお気軽に公式LINEからコンシェルジュにまでご相談ください。

旅の出会いは一期一会だ。
場所も、人も、触れることはできても深くつながれない。
ネットに載っている情報の場所だけだと、なんだか物足りない。
もし、あと少し一緒に過ごすことができたなら。
もっと、深い気づきを得て、新しい自分がなることができる。
そんな気がする。
ファミリンは、地域に暮らすことで、
あなたが地域に溶け込み、深いつながりと、深い気づきを得る。
そして新しいあなたに出会う瞬間を提供します。

ファミリン | 地域に溶け込む田舎ホームステイ ファミリン

ファミリンSNS

・Instagram
https://www.instagram.com/familyinnjp/
・X(旧Twitter)
https://twitter.com/Familyinnjp
・Facebook 
https://www.facebook.com/familyinnjp/

お問い合わせ先

[企業名]:株式会社Familyinn
[メールアドレス]:info@familyinn.jp
公式LINE:https://lin.ee/Mhblhq9

この記事が気に入ったら
いいね または フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
目次
閉じる